*KoMeRo*

一生現役!あなたが着るから生きるファッションに。長野市のパーソナルスタイリスト美美のBLOG。パーソナルカラー診断・顔パーツ診断・体型診断・服装心理診断

「いつも似たような服」を変えたいときは実は性格を知るとチャレンジしやすい

長野⇔東京で活動中のパーソナルスタイリスト美美です。 好きな洋服と似合うスタイルで見た目度アップ!自分を好きになるファッションを見つけるお手伝いをしています。

プロフィールは⇒こちら

 

この前、私の師匠であるパーソナルスタイリストの久野梨沙先生、そしてスクール同期の卒業生である河野さおりさんが、NHK Eテレ『あしたも晴れ!人生レシピ』に出演されました!

雑誌やTVでもよく変身Before→Afterがありますが、今回は人の外見だけでなく「内面」にも注目したファッション術!ファッションと人の心理は密接な関係にあり、自分の性格面にアプローチすることで抱えるファッションの悩みも解決しやすくなるというものです。

番組でも取り上げられた「服装心理学」=服装×心理学の観点から「私にとってのファッション」を見つけていく。その大きさを改めて感じられる見応えバッチリな特集でした!

 

 

診断結果から生まれる何通りものスタイル

私が提供するMyスタイル診断では、パーソナルカラー診断・顔パーツ診断・体型診断をしっかり行いお洋服提案のベースにしています。しかし!あくまでベースであって、たとえ診断結果が全く同じになった人がいたとしても、同じファッションを提案することはないんですよね。

f:id:mihakokominao:20190511140357j:image

それは主役が洋服ではなく「人」だから。その人によってファッションに求める答えが異なるからです。

これは今回番組にも出演された師匠の久野先生に感銘を受け、私もずっと大事にしていること。毎回お客様には単に洋服を提案するのではなく「幸せな毎日、未来」をサポートする気持ちで臨んでいます。

・・・いきなりどした!って感じですが、これが私の幸せでもあり楽しいお仕事。

”見た目だけの似合う”だったら外見診断すればいいけれども、もっと個性を意識した”心地よい”あなたのファッションを共に見つけたいと思っています。でもこの”心地よい”の感覚はひとそれぞれなんですよ。ただ見た目がよけりゃいいってだけでは気持ちがしっくりこない方もいます。だから、お客様1人1人の個性と気持ちに向き合い、お客様自身も自身と向き合っていただく。その性格や価値観に合わせたコーディネートができるよう内面診断である「服装心理診断」も必ず受けていただいているのです。

※服装心理診断についてはこちらの記事をご参考くださいね↓

この前お越しいただいたお客様も、性格面を意識してお悩みと向き合うことで理想のファッションに近づきました。

 

いつも同じような服ばかり買ってしまうのは性格が関係している?

Myスタイル診断→クローゼット診断→お買い物同行させていただいたM様。

お買い物を終えたあとに、このようなご感想を頂きました。

自分に似合うファッションと迷いの原因がわかったので、以前からの服に対する悩みが一気に解決しました!これからの買い物、そしてそれを着て出かけることも楽しみになりました!

 

実はM様には「いつも同じような服を買ってしまい、新しい色に挑戦しようとしても合わない気がして着なくなってしまうこともある」というお悩みがありました。

お手持ちの洋服を見ると黒・白・青の洋服がメイン。ラフなデニムやワンピースなどのカジュアルスタイルが多いようです。

「こうしたいという気持ちがあっても思うように実行できない」というような状況。

同じ服ばかり買ってしまう理由は色々考えられますのでM様の場合はどうなのか、性格面から探ってみましょう。

服装心理診断の結果を見てみると…

 

f:id:mihakokominao:20190426174503p:plain

一般性が1番高くと独創性がとても低い結果に。

それぞれどんな特徴があるかというと、

一般性は周りに馴染むことや浮かないことを重視するタイプ。

独創性は自分らしいオンリーワンを重視したり気分で決めるタイプです。

つまり一般性が高くて独創性が低いM様は、人と違う個性を活かしたファッションではなく周りから浮かずにしっくり着られるファッションのほうが大事。

新しい色を着てみたい気持ちはあるけれど、いざとなるとなかなか着られない。いつもと違う洋服で変に思われたら…と不安になることで新しい服(色)よりも安心して着られる似たようなファッションをしてしまう傾向にありました。

一般性が高い方は、他人軸の価値観を持つため、他人からの視線=似合うかどうかへのこだわりは持っています。ですから、似合うファッションにはとても興味があり着たい気持ちはあるのですね。お話を伺う中でも「似合わない服を着て目立ってしまうことへの不安を解消したい」という気持ちも垣間見えました。

そんなM様には、”似合う”という客観的な視点はお伝えするのですが、ただ似合うなら何でもいいわけではなく、普段着慣れているスタイルからかけ離れすぎないファッション。”安心感”を得られ馴染むファッションというのがポイントになってきます。

 

似合う色を着たいけど派手な気がして勇気が出ない...

迷いの理由はこのような点にもありました。

M様のパーソナルカラーはSpring。似合う色かつ新しい色を取り入れたいという希望はあるけれどなかなか挑戦できないのは、M様にとってSpringカラーがあまり親しみのない色だから。

お手持ちの洋服はモノトーンや青味の色が多く、好きなのはSummerのようなブルーベースの淡い色。一方、Springカラーは黄味が強く鮮やかでポップな色が多いです。最初にSpringカラーをご覧になったときも「けっこう派手ですね」という感想がありました。(実際にSpringさんが着ると全然そうは見えないのですけどね◎)

目立ちそうというイメージから「ちょっと恥ずかしくて着づらい。」と感じるのも、一般性が高く独創性が低い方の特徴とも言えます。

 

でも似合うからと言って無理に抵抗のあるパーソナルカラーの色味を着る必要はありません!他の色を使っても似合わせスタイリングはできますので、日頃から親しみのある見た目を維持したまま似合うテイストを取り入れていく、そんなスタイリングから始めてみることをおすすめしました。

 

これなら気楽に着られる!好きな色で似合うコーデに

「新しい色を取り入れたい」というリクエストには、M様が日頃からよく着るというブルーに少し黄味を足したグリーン、お好きな淡い色の中で肌馴染みのよいピンクなど、似合う色と好きな色の双方を取り入れたアイテムを。

そして、普段カジュアルスタイルが多いM様がラフな雰囲気を保ちながら着られるようにシルエットやデザインはあまり変えず、体型が美しく見える”ポイント”はプラスしてバランスを取ります。

そんな、いつものファッションから変化はありながら、無理なく気楽に着られるコーディネートをご提案。

また、Springカラーに抵抗があるならば他の色を使ってSpringさんらしくすればOK!ということでテクニックもアドバイス。もともと合理性も高いM様は、着回しの面や「~だから~なんですよ」という具体的な説明も納得して聞いてくださいました。

 

結果、新しい洋服には「綺麗な色ですね、お仕事でも着られそう!」「こういう感じ着やすいです!」と積極的なご様子でお買い物を楽しんでいただき、ありがたいご感想も頂けました。特に私が嬉しかったのは「これ着て娘と公園に遊びに行きたい♪」と、M様が笑顔で楽しく過ごせる日々を後押しできたことですね。

 

見た目だけじゃない。自分のファッションを客観視することでわかるもの

どんなファッションをどのように着るかは自由自在で、お客様なりの答えがあります。そこに辿り着けるよう道しるべを作れるのは、似合わせのベースと知識をしっかりさせた上で、内面にもしっくりくるスタイルを探し出せるからです。単純に診断結果に当てはめるだけなら解説本を読むだけで済む、同じようなファッションだらけになってしまいます。そうではなくて、自分の理想や望む方向性に対して表現の仕方を変えられ、柔軟に総合的なスタイリングができるというのが心地よいファッションを楽しむ魅力ではないでしょうか? 

自分のこだわり、感情、軸・・・性格面も含めてファッション性を知ることで、悩みを解決し理想への一歩が叶います。

まずはMyスタイル診断で自分を知る機会にしてみるのもいいですよ。

長野県長野市にある天然木の一軒家。木の香りがいっぱいに広がるアットホームなプライベートサロンで、パーソナルカラー診断・顔パーツ診断・体型診断・服装心理診断を受けてみませんか?