*KoMeRo*

一生現役!あなたが着るから生きるファッションに。長野市のパーソナルスタイリスト美美のBLOG。パーソナルカラー診断・顔パーツ診断・体型診断・服装心理診断

好きな服を着ると幸せがやって来る?!

こんにちは!

長野⇔東京で活動中のパーソナルスタイリスト美美です。

好きな洋服と似合うスタイルで見た目度アップ!自分を好きになるファッションを見つけるお手伝いをしています★

プロフィールは⇒こちら

 

 

「やっぱり自分の気に入った洋服を着よう!」

昨日、私は改めて「やっぱり好きな洋服を着ることって大切だな!」と思いました。

なぜかって??

 

ある飲食店の店長さんが私に教えてくれたんです。

「毎朝オープン前に、テーブルやイスやドア、道具を気持ちを込めて磨くようにしたんだ~。物にもみんな気持ちがあるんだよ。だから”ありがと~う”って想いながら拭くと、喜んでお客さんを呼んでくれる。そのおかげかな、ずっと赤字だったけど急に黒字になったんだ。…それは、自分が変わって周りも変わったということなんだけどね!」

 

わかりますか?この意味。

 

やはり物は感謝して大切に使おう!

最初は素直にそう思いました。でも、これ、その先にある意味が深い。

 

物を大切に愛情を込めればその愛情が自分に返ってくる、

なんだけど!つまり、それは

自分の目に映るもの自分そのものだということ。

自分の外側が自分の内側でもあるということ。 

・・・ちょっと語りますね(笑)

 

 

私が妥協して失っていたものは何か・・・

店長さんからそんな気づきを得たあと、私が持っている洋服のことが浮かびました。

ミントグリーンのコート、ブルーのセーター、ネイビーのハンチング帽・・・

うん、愛情持って大事にしてる(笑)

 

以前はよく「とりあえずコレでいいや・・・」と、あまり気に入っていない(心が素直に喜んでいない)洋服を買って着ていた時期がありました。

まぁ、仕方なくというか妥協ですかね。

妥協の原因は、体型の悩みと金銭的な面や環境面などなど。

「これ着たいけど、体が大きく見えるからダメだ」

「これいいな、でもこの値段は厳しい・・・」

とかね。

全部に妥協して、気持ちを我慢していました。

 

本当に着たい服を着ていたわけではない、こうなりたい自分ではない自分。

 

あの時は、何にしても気持ちがしっくりこないし気分も乗らないし、その洋服を雑に扱っていた。テキトーに脱ぎ捨てたりちゃんとハンガーにかけなかったり…

そんな行動が反映するように自分の気持ちもモヤモヤ。すべて悪循環だったようにも思えます。つまり、自分の身なり(外見)が自分の気持ち(内面)に影響し、その気持ち(内面)によって行動にも影響していたのです。

⇓こちらでも語っているのですが、外見(ファッション)が自分に与えてくれるものって凄く凄く大きいものです。

 

ファッションの正解は誰でもない自分自身が決めることだ!

それから、私はファッション理論を学び、さらにファッションと心理の関係も学びました。そして今どうなったかと言うと。

自分を知りコンプレックスの原因もわかり、その解決法も見えたので、どんな服を着てどんな風にすれば自分にとって心地よいのかに辿り着きました。

それはただ外見だけを改善するだけではないんです。どうしたら私は嬉しいの?どうなりたいの?そんな欲求や価値観までも掘り下げていくと辿り着ける「私にとっての正解!」これを知ることでどれだけ楽になるか。心地よいというのは、自分の本当の気持ちの部分。

よって、妥協することが減っていきました。

気に入った洋服、着ていて気持ちがいい洋服を着るようになり、1つ1つ丁寧に扱うようになったわけです。

 

私は「着たい服が似合わない」「好きな服が似合わない」と泣きたくなることも多いので、”好き”と”似合う”の両方が叶う「これはイイ!」という洋服に出会えた時は、とってもとっても嬉しいんですよ。

「今日もありがと~」「おかげで気持ちよく過ごせたよ~」と。

こうやって洋服に感謝できるくらい、しっくり来る自分らしいファッションができているということ。そんな日々を過ごすことで、私自身の言動も変わっていったのです。

 

たとえば、メイクでもそうですよね。

キレイになれることが嬉しくて気に入っていれば、その化粧水の一滴でも大事に肌に染み込ませる。口紅も最後まですくい上げて塗る。

気に入った文房具を使って仕事をすれば、気合いが入る、頑張れる、楽しめる。

その物が好きなら、愛情がその物に伝わって、そしてまた帰ってくる!

 

ファッションと心理のめちゃくちゃ密接な関係性

気に入って愛着が湧けば大事に使いたくなるし、価値を高めてくれるし。大事なものを身につけていると気持ちがよくて、そんな自分を好きになれるじゃない?

結果、楽しい!嬉しい!自分いい動きをしているような気がする!とも思える。

そうやって相乗効果を感じられるものなんです。

 

ファッションってただ見た目を作っているものではありませんよ。

自分の内面を作っているんです。

 

気づかないかもしれないですが、自分が選ぶ洋服、好きな洋服、これ全部「性格」が影響しています。価値観が影響しています。

そこに気づければ、なんでその服を着たいのか、自分はどうしたいのかまでわかる。

だから、好きな服を着る=自分が心地よい服を着るということは、自分の内面を輝かせてくれるということ。そして、輝いている内面によって行動も変わっていく。

そういうことなんだと思いました。これは、最初に言った「自分の目に見えるものは、自分そのものなのだ」ということなんです。

そんな、気持ちとファッションと行動の結びつきをさらに感じた今日この頃でした。

 

あなたは、気に入った洋服を着ていますか?

ファッションと心理の結びつきが大切。

そんな話をしているわけですが、私が提供するMyスタイル診断では、その関係性も知ることができます。それが「服装心理診断」です。

詳しくはこちら⇓

ただ外見を見直すだけではない。あなたにしかない内面にも目を向け、心地よいファッションを見つけていきます。

そんなファッションで自分の内面だって変えられる。

もし、迷うことがあればお手伝いをさせてください。

 

幸せになる洋服をGETするには・・・

あなたが幸せだと感じる洋服ってなんですか?

気持ちが落ち着く服?「似合うね!素敵だね!」と言ってもらえる服?

すでに好きな服やお気に入りの服がすでにある方もいれば、いまいちピンとこないという方もいると思います。そんな方はこれから見つけていけばいいのです。私はけっこう時間をかけて辿り着きましたが、何かきっかけがあればそんなに時間はかからないかも。見つけるお手伝いいたします!

まずは自分を知ることから。

3つの外見診断と、服装心理診断という内面診断であなたにとってのファッションを探すお手伝いをします。

自分のことを客観的に見ることからスタートしませんか?

 

メニュー詳細はこちら★


 f:id:mihakokominao:20180217035141j:image