*KoMeRo*

試着室ではもう泣かない!あなたが着るから生きるファッションに。長野市のパーソナルスタイリスト美美のBLOG

「この服なんか似合わない」原因は?似合う洋服を選ぶポイントはコレ!

こんにちは!

長野⇔東京で活動中のパーソナルスタイリストの美美です。

好きな洋服と似合うスタイルで見た目度アップ!自分を好きになるファッションを見つけるお手伝いをしています★

プロフィール⇒こちら

 

お店で気になる洋服を見つけ、いざ着てみると「ん~なんか変だなぁ、似合わないなぁ」と違和感を感じたことはありませんか?

それは自分と服の相性がどこか悪いから。

でも感覚的に「似合わない」とわかっても「なぜ」なのか知らないと同じ繰り返しで、服を選ぶ時間が長くなったり無駄な買い物になってしまうなんてこともあるかもしれませんよね。

 

今回は、洋服やアクセサリーが自分に「似合う」「似合わない」をなんとなく感じてきた方はスッキリ?! 

「素敵にみえる!かっこよくみえる!の理由は◯◯にあった」についてご説明します。

 

 

似合わない理由は何!?

前回お伝えしたとおり、似合うファッションや上級者スタイリング成功への近道は、重要な3つの要素「色」「形」「素材」のバランスを取ることです。詳しくは→こちら

この3点が自分の特徴と好相性であれば自然で美しい見た目になります。

つまり、「似合わない」と感じる原因は、そのバランス、相性が崩れているということ。

 

似合う洋服を選ぶポイントはココ!

まず似合う洋服と言って思い出す1つは「色」。パーソナルカラー診断によって顔色がよく綺麗に見えるコツが掴めます。しかし似合う「色」だけでコーディネートしても、結果的に「似合わない」ファッションになってしまう可能性も十分にあるんです。

大事なのは「」だけでなく「」と「素材」もマッチさせること!

たとえば洋服の柄やその大きさ、生地の厚さや硬さによっては「洋服が浮いてみえる」とか「間が抜けた感じ」という印象にもなるんです。そうならないためにも形と素材には注目したいところです。 

 

似合う洋服とは自分と相性がいい洋服

普段「童顔っぽくて可愛らしいなぁ」とか「キリッとして大人っぽいなぁ」とか、相手の顔を見て雰囲気を判断することってありますよね(^O^)

同様に、”可愛らしいお顔立ちならふんわりポップな洋服が馴染みそう”とか ”クールでかっこいいお顔立ちならハリのあるシックな洋服が似合いそう” などと、人は顔の印象だけでも無意識的に「似合う服装」を想像することができます。

顔の雰囲気と相性がいい洋服を着れば、人から見て「素敵~☆」と好印象に。

 

似合うかどうかの判断はズバリ!

なんとなく感覚的にでも「この人に似合う」と判断しているのは、そう「顔」の影響が大きいんです。もちろん「体型診断」でも判明する体つきに合ったスタイルも影響大◎

でも、まず初めに注目されることの多い顔に合っているかどうかって、意外と当たり前すぎて見落としがちかもしれませんよね。

顔はその人の印象を左右しキャラクターを決める大事な部分。

だから、顔の雰囲気にマッチする服を着ることは、意外と似合う色を身につけたり体型に合う服を着るよりも影響力があるんですよ。

素敵なファッションは全体のバランスが命!

顔と体に合う色・形・素材を基本にして、どう見せたいかの想いをプラスして全体の雰囲気を作ることが大事だと思います。

そんな、お顔に合う形や素材がわかる方法が「顔パーツ診断」です。

 

顔パーツ診断とは?

前述したように、顔の特徴はその人の雰囲気・印象に大きく影響します。

でも実際、自分の顔はどんな雰囲気かわかりますか?意外と願望が混じるなどして客観視できず難しいものです。

誰が見ても遠くからでも「違和感がなく」「雰囲気に合っている」と感じられるようにするには、顔の特徴を客観的に把握し雰囲気と調和のとれた洋服を着ることです。

それを知ることができるのが顔パーツ診断

輪郭や目や鼻、口など顔パーツのボリューム配置などを分析。顔の特徴や雰囲気を感覚的なものではなく、統計に基づく計測でしっかり導き出します。

そして各パーツの関係性から4つのタイプに分類し、それぞれのタイプに馴染む形や素材の傾向を掴んでいく方法です。

 

顔パーツ診断でわかる4タイプ 

f:id:mihakokominao:20180225023428p:plain

 

パーツの形から 女性的 ⇔ 中性的

パーツのボリューム&配置から 若々しい(童顔) ⇔ 大人っぽい(大人顔)

を分析。

似合う形と素材は、お顔の雰囲気に合わせて選ばれます。

お顔周りに関係しますので、たとえば襟の形だとしたら・・・

丸いor四角い?柄は曲線or直線?大きいor小さい?

生地は薄いor厚い?柔らかいor硬い?

など、特徴が分かれていきます。

この4タイプのうち自分がどこに属するかがわかれば、似合う形(柄)や似合う素材がわかるのです!

そうすれば、

 

 

顔(外見)に似合う見た目の洋服を選ぶ

こういう素材や柄の服は似合わないという感覚は自分でもなんとなくわかる人が多いのではないでしょうか。

「違和感」それには理由があります。

気になる方は顔パーツ診断で自分の顔の特徴を知ってみませんか?

顔の雰囲気と服の雰囲気を合わせることで、人から見ても調和された美しい印象を作りましょう。

上手にその印象を活用すれば「見せたいイメージ」を作る上げることもできます◎

そして、診断だけで終わらずに、その先にある願望や心地よさを追求していくことが大切だと思います。そうやってファッションを楽しんでいきましょう♪ 

 

お問合せはこちらからどうぞ♪